キャリアアップや転職に!資格を知って活用しよう!

>

資格について知りたい方へ

国家資格の定義

国家資格とは、国の法律により資格の内容や名称、取得の方法や試験などが規定されている資格のことをいいます。つまり、国が認定する資格が国家資格にあたります。

一般的に、国家がお墨付きを与えるということで社会的な信頼度や信用性も高いと言われています。また後述するように、その資格を持っていないとその業務を行えなかったり、その職業を名乗ってはいけないといった強い縛りがあるものが多いのも、国家資格の特徴です。

なお、国家資格であっても、試験そのものは地方自治体や民間の団体などに委託されて実施されている場合もありますが、その際も認定元が国であり、試験もその資格について定めた法律に基づいて実施されるため、国家資格であることに変わりはありません。

業務独占資格と名称独占資格

国家資格には主として、その資格を持っていないとその業務を行うことができない資格と、その資格がないとその職業を名乗ることのできない資格の2種類があります。

前者は「業務独占資格」といい、医師や看護師、弁護士、行政書士、司法書士、一級建築士、公認会計士、美容師、理容士などがあります。後者は「名称独占資格」といい、保育士、社会福祉士、栄養士、調理師、技術士、技能士、マンション管理士などが挙げられます。

業務独占資格や名称独占資格は、人の生命や安全に関わるものであったり、社会の根本を支える役目がとりわけ大きいものであったりする仕事に関するものが多いと言えそうです。なお国家資格には、上記どちらに分類されるかとは別に、「必置資格」と呼ばれるものもあります。これは、ある事業や業務を行う際に、必ずその資格を持っている人物を事業所に配置しなければならない、という資格のことを指します。


この記事をシェアする